ペラサイト量産か?大規模サイト構築か?

アフィリエイトに携わっていると、サイトの作成方針について意見が分かれる部分がでてきます。

ペラサイト量産か?ある程度ページ数のある大規模サイトの構築か?という話しも意見の分かれるところですね。

ペラサイト量産は、1つのテーマ、プログラムに対して1ページのみで1サイト作成する方法で、大体1000文字から4000文字以内のページとなります。

サイトをとにかく量産してSEOを全く意識しない人もいますが、ペラサイト同士でリンクを張ったり、バックリンクサイトからリンクを張ったりと「ブラックハットSEO」をガンガン行う人もいます。

対して、ある程度ページ数のある大規模サイト構築は、1サイト内でとにかく記事数を増やしてサイトを構築する方法です。

1ページあたりの文字数はペラサイト程はなく、800文字から2000文字程度で、いろいろな視点や切り口から様々な言い回し、表現方法を使い沢山のキーワードをちりばめます。
1つのキーワードの流入が少なくてもキーワード量が多ければ流入も多くなり成約の可能性が広がります。いわゆる「ロングテールSEO」と言われる手法がやり易いのも大規模サイトの特徴です。

但し、SEOに関してはリンクをガンガン張るような「ブラックハットSEO」を実践する人はあまりいないようですね。

ペラサイト量産と大規模サイト構築はどちらが良いのか?

ツイッターやネットの情報を見ていると、初心者アフィリエイターからの質問で「ペラサイト量産と1つの大規模サイトを作成するのはどちらが良いですか?」という質問をよく見かけます。

確かに、私もどちらが儲かるのか?みたいな視点から疑問に思っていた時期がありました。

どちらが稼げるかというのは置いておいて、私が考えるメリット・デメリットを簡単に上げてみたいと思います。

ペラサイト量産

メリット
・複数パターンの訴求を1ページでまとめるので、訪問者の心をつかみやすい
・ハズレサイトになってもバックリンクサイト用途に使いまわせる
・Googleペナルティなどリスクの分散ができる

デメリット
・維持費がかかる(ドメイン代、サーバー代)
・管理が大変(アクセス解析、維持/更新など)
・検索順位が不安定

大規模サイト構築

メリット
・維持費がかからない
・ワードプレスなどCMSを導入しやすい
・記事数によるサイトの評価アップが期待できる(上位表示)
・いろいろな切り口のユーザーが集客できる

デメリット
・Googleペナルティを受けた場合の影響が大きい
・サイトをある程度の形にするまで時間がかかる
・アクセスや成約の結果が出るまで時間がかかる

パッと思いつく限りではこんな感じです。

しかも、このメリット・デメリットはあくまでも「私の視点」です。
ドメイン代やサーバー代など目に見える違いは別として、他の項目は私の経験を通しての考え方ですし、抽象的な内容です。

例えば、ペラサイト量産のデメリット「検索順位が不安定」というのは完全に私の経験上の話しです。

ブラックハットSEOを実施していないのに、昨日検索上位にいたと思ったら、今日は検索圏外で、翌日になったら上位に戻ってきたりそのまま圏外だったり、と、とにかく不安定なサイトが多かったのです。

もちろん全部が全部不安定だったわけではなく、安定して上位表示(もしくはずっと圏外・・・)のサイトもありましたが。

でもこれは、あくまでも「私の経験」ですから、人によっては真逆に感じることもあると思います。

人によっては安定して上位表示するという印象の人もいるだろうし、稼ぐアフィリエイターの方は上手くSEOを実施して上位表示を安定させているかもしれません。

つまり、サイト作成の方針は、人のセンスや能力、合う合わないといった相性によるところが大きいので「アフィリエイト初心者はどっちがよいか?」という質問はナンセンスですし「迷ってないで両方試してみる」というのが最善の方法だと思います。

大切なのは自分のやり方を確立すること

私もアフィリエイトを始めた頃は「とにかく早く成果が欲しい、早く形ある結果が欲しい」という思いから近道ばかり探していました。上記の「ペラサイト量産と大規模サイト作成はどちらがよいか?」というのもその一つです。

確かに「作業の効率化」は常に意識すべきことだと思いますが、「考え方の効率化(=簡略化=手抜き)」は効率を求めるあまり非効率になってしまっています。

アフィリエイトである程度稼ぐには「自分のやり方を確立すること」が重要であり、自分のやり方を確立するためにはいろいろ経験するしかありません。サイトの作成方針もその一つ。

私は7ヵ月間、ペラサイト量産でいろいろ試しましたが、どれも全く1件も成果につながりませんでした(センス無いし気づくの遅いし・・・)
「どうせ稼げないなら書きたいことをとにかく沢山書いてやる」という思いから大規模サイトの構築に切り替えたところ、少しずつですが成果が現れるようになったのです。

「俺もペラサイト量産でいきます!」と宣言することから始めるのではなく、ペラサイトでも大規模サイトでも迷ったら両方やってみるのが、結果的に得るものも大きい気がします。特にアフィリエイト初心者ならば尚更です。


関連記事

稼げる潜在キーワードの見つけ方

キーワードとは、Googleやyahooなどの検索サイトで検索されるときのキーワードのことです。 アフィリエイトでは、どのようなキーワードに対してアプローチするかが重要になります。 サイト

記事を読む

成約率(CVR)を上げるための具体的な対策

ASPアフィリエイトにとって、SEOにおける検索サイトの上位表示と同じくらいに重要なのが、商品の成約率(CVR:コンバージョンレート)をいかに上げるかということ。 クリック報酬型のアドセンスであ

記事を読む

Googleアドセンスとアフィリエイトの関係

アフィリエイトで収益を発生させるためには、大きく分けて2つの方法があります。 ・クリック保証型のAdsense広告からの収入 ・成果報酬型のASPアフィリエイトからの収入 クリック保証型

記事を読む

月10万の壁を越える確実な方法

アフィリエイトに携わっていると、月に稼ぐ金額の「壁」という話しをよく聞きます。 1万円の壁、5万円の壁、10万円の壁、30万円の壁、100万円の壁・・・ 1ヵ月に稼ぐ金額の壁のことをいい、

記事を読む

アフィリエイトのキーワード横展開の方法

ブラックSEOでもホワイトSEOでもそうですが、コンテンツの量を増やしてページ数が増えてくると自然とアクセス数も集まってくるようになります。 自分のサイトで売れるかどうかは別として、一般的に売れ

記事を読む

アフィリエイトで稼ぐための近道とは?

アフィリエイトをやっていれば、誰しも最短時間、最短距離で稼ぎたいと思いますよね? 稼ぐための近道は、いわゆる作業の効率化から時間がかかる部分を資金力で購入するなど、その人の立場立ち位置によって様

記事を読む

アフィリエイトで稼ぐために必要なこととは?

アフィリエイトを始めてもなかなか成果が出ない人は多いと思います。 Google Adsenseのアドセンス広告を貼っているサイトであれば、全くの無収入ということはありません。 ですが、アフ

記事を読む

アフィリエイト初心者は報酬額よりも発生件数

成果報酬型のアフィリエイト「ASPアフィリエイト」の場合、アフィリエイトを始めてから成果が発生するまで時間がかかります。 まあ、中には開始1ヵ月くらいで成果をあげてしまう人もいますし、3ヵ月後く

記事を読む

アフィリエイト向きの性格はあるのか?

ネットやTwitterでアフィリエイトの情報を集めていると、本当に沢山のアフィリエイターがいることがわかります。 特にTwitterをやっていると、私以上に稼ぐアフィリエイターが次から次へと現れ

記事を読む

プログラム選びと報酬単価の関係性

アフィリエイトのプログラムには、それぞれ「報酬単価」が設定されています。 商品でもサービスでも、成果発生条件を満たし承認されれば、成果1件につき支払われる金額が報酬単価です。 プログラムに

記事を読む

PAGE TOP ↑