稼げる潜在キーワードの見つけ方

キーワードとは、Googleやyahooなどの検索サイトで検索されるときのキーワードのことです。

アフィリエイトでは、どのようなキーワードに対してアプローチするかが重要になります。

サイトを訪問したユーザーを成約に繋げるためには、自分が想定したキーワードでサイトを作り、動線を作り、訴求することが必要です。

つまり、検索キーワードはアフィリエイトで成約に繋げるための入り口であり、間違った入り口に入ってしまったユーザーは、サイトがどんなに良い内容でも成約には繋がりません。

極端な話ですが、酵素ドリンクが欲しいユーザーに脱毛クリームを勧めても買ってくれないですよね?そのくらい入り口となる検索キーワードの選定は重要になるのです。

アフィリエイト初心者は潜在キーワードを攻めるべき

先日の記事で、アフィリエイト初心者は「潜在ターゲットを狙うべき」と書きました。

それと同じように、アフィリエイト初心者はキーワード選定も「潜在キーワードを攻めるべき」です。

潜在キーワードとは、あまり他の人が攻めない(気づかない)けど、成約につながりやすい稼げるキーワードのこと。「スモールキーワード」や「お宝キーワード」とも言われます。

もちろん一番成約に繋がりやすいキーワードは「酵素ドリンク 購入」や「脱毛クリーム おすすめ」などのドンズバキーワードです。

ですが、ドンズバキーワードは、余程SEOが得意な人か資金力を使ってブラックハットSEOをガンガンかけられる人でなければ歯が立たない領域です。特にアフィリエイト初心者には非常にハードルの高いキーワードです。

SEOが苦手な人や初心者アフィリエイターはハードルの高い勝ち目の無い領域で勝負するのではなく、潜在キーワードを探して、競合の少ない中で勝負するべきなのです。

潜在キーワードを見つける発想力

ところでみなさんは、Googleやyahooといった検索サイトで検索するときにどのようなキーワードで検索しますか?

例えば私はゴルフが趣味なのですが、ゴルフでスライスショットに悩んでいて、どうにかして解決したいと思っています。

そのときに検索するキーワードは

・ゴルフ スライス 解決法
・ゴルフ スライス スイング改善
・ゴルフ スライス 原因

などといった感じで検索します。
全てドンズバキーワードですが、実はネットや検索サイトに慣れていない人は、必ずしもこのような検索キーワードで検索するわけではありません。

検索に慣れていない人の特徴として、例えば「スペースを入れない」ということがあげられます。ですので検索キーワードは

・ゴルフでスライスが治らない原因
・スライスショットを出さないためにはどうしたらいいか?

といった感じになり、もっと凄い場合は「ごるふのすらいすがなおらない」といったように全て平仮名で検索される場合があります。

さすがに全て平仮名というのは極端な例ですが、上記の場合「ゴルフ スライス 解決法」も「スライスショットを出さないためにはどうしたらいいか?」も悩みの深さにそれほど差はありません。

つまり「スライスが出ないドライバー」などを紹介した場合、購入される確率にそれほど差はありません。

一方は競合多数のドンズバキーワード、一方は競合の少ない潜在キーワードです。初心者アフィリエイターが狙うキーワードは自ずと決まってきますね。

※ちなみに上記のゴルフの場合、「スライスショットを出さないためにはどうしたらいいか?」の方が成約率は高いかもしれません。「ネット検索に慣れてない=年齢層が高い=割とお金に余裕がある」と仮定できるからです。

ですので、何でもかんでもドンズバキーワードを狙えば成約率が高まる、というわけではないのです。

潜在キーワードの見つけ方

潜在キーワードを見つける方法は「市場調査」です。

市場調査でユーザーがどのような悩みを持っているか?どのようなキーワードで検索しようとしているのか?を調査して、潜在キーワードを洗い出します。

私が市場調査のために採用している方法は「キーワードを散りばめて記事を書くこと」と「悩み相談サイトの調査」です。

大規模サイトを構築する過程で様々なキーワードで記事を書き、アクセス解析で検索キーワードを分析して、稼げそうな潜在キーワードで記事を追加する、というのはこれまでも説明したとおりの手法です。

もう一つ、悩み相談サイトというのはyahoo知恵袋などの悩み系サイトです。

質問したいユーザーが、タイトルと説明文で質問するのですが、その説明文に潜在キーワードがあることが多いです。
検索サイトに入力するときの「ユーザーに選択されたキーワード」ではなく、文章で書かれた「ユーザーの生の声」なので、潜在キーワードを含んでいることが多いのです。

SEOが苦手な私は、少し稼げるようになった今でも上記の方法をメインに潜在キーワードを探していますよ。


関連記事

ペラサイト量産は稼げるのか?

アフィリエイトで作成するサイトの規模は、大体以下の4種類に分類されます。 ・ペラサイト(1ページのみのサイト) ・10ページ程度の小規模サイト ・10~100ページ程度の中規模サイト ・1

記事を読む

成果発生が増える楽しみを知るまで続けること

アフィリエイトを続けていると、作業が停滞したり、アフィリエイト自体を辞めたくなるときがあります。 私自身、過去何度となく挫折しそうになりましたが、1円も稼げない時期は何とか初成果を発生させるまで

記事を読む

検索結果で上位表示しなくても稼げる一例

ネットやツイッター上でアフィリエイトの情報を集めたり、アフィリエイトの情報商材を読んでいると、キーワード選定の重要性が目につきます。 資金力がなく経験もないアフィリエイト初心者にとって、いかにユ

記事を読む

副業でアフィリエイトを成功させるコツ

アフィリエイトを副業で始める方は結構多いと思います。 短時間の作業で稼げる、一度サイトを作成すればしばらく稼げる、といった世間的なイメージもあると思いますが、一番は参入のハードルが低いことでしょ

記事を読む

アフィリエイトで稼ぐために必要なこととは?

アフィリエイトを始めてもなかなか成果が出ない人は多いと思います。 Google Adsenseのアドセンス広告を貼っているサイトであれば、全くの無収入ということはありません。 ですが、アフ

記事を読む

CVR(コンバージョンレート)を高める取り組み

11月が終わろうとしています。 気がついたら、本当にあっという間に2014年が終わりますね。 10月は過去最高の確定額を達成し、月50万円の壁を突破しましたが、11月は発生金額、確定金額と

記事を読む

自分の強みを作れば自然と稼げる

私は先月、アフィリエイトを開始して1年9ヶ月にしてようやく確定月50万の壁を超えることができました。 開始半年間は全くの無収入、文字通り0円だったことを考えれば、信じられないくらいの進歩ですが、

記事を読む

成約率(CVR)を上げるための具体的な対策

ASPアフィリエイトにとって、SEOにおける検索サイトの上位表示と同じくらいに重要なのが、商品の成約率(CVR:コンバージョンレート)をいかに上げるかということ。 クリック報酬型のアドセンスであ

記事を読む

成約率を高めるコツは現実社会にある

アフィリエイトで成約に結びつける書き方とか訴求って難しいですよね? 私はSEOや事前の市場調査が苦手なので、この成約に結びつけるための書き方、訴求をいつもものすごく意識しています。それこそ、食事

記事を読む

検索上位だけではない稼げるキーワードの見つけ方

アフィリエイトで稼ぐためには、Googleの検索順位で上位表示されることは絶対です。(2014年8月現在) もちろん、1位表示されれば月100万円、2位表示されれば月50万円、と確実に言えるもの

記事を読む

PAGE TOP ↑