稼げるキーワードの見極め方

サイトアフィリエイトで稼ぐためには、キーワード選定が重要です。

私のアフィリエイトの基礎となっている「アフィリエイトファクトリー」でも、キーワード選定のための市場調査やピックアップの方法など、実例を通して詳しく解説しています。

私はキーワード選定が苦手なので、できるだけ数多くのキーワードをピックアップして記事を書き、自分のサイトでキーワードの反応を見てさらに成約を狙う記事を書く、といった手法を採用していますが、、、まあ、効率は悪いです。

そんな「キーワード選定」ですが、キーワードを選定してピックアップするだけで終わりではありません。
実際にピックアップしたキーワードで記事を書き、サイトを公開して初めて答えがでます。

検索サイトで上位表示され、自分のサイトで商品が売れれば正解ですし、なかなか上位表示されず、商品が1つも売れなければ不正解となります。

但し、自分のサイトを見たユーザーがアフィリリンクから商品を買うかどうかは、サイト内容、サイト構成、キーワードとサイトのマッチングなど様々な要因があるので、ここでは「サイトを公開してからそのキーワードがイケる(稼げる)キーワードになるかどうかの見極め方」を説明したいと思います。

ミドルワードでも1ページ目を狙う

アフィリエイト初心者の場合、ビッグワードやビッグワードの複合で上位表示を狙うのはあまりお勧めしません。

良質な中古ドメイン(PR5以上とか)を使うか、よほどSEOが得意でない限り、ビッグワードで上位表示することはほとんど無理です。初心者アフィリエイターには技術も資金力もありません。

そこでアフィリエイト初心者が狙うのは、ミドルワードやミドルワードの複合となるのですが、月10万以上稼ぐようなサイトを狙うには、ミドルワードでも1ページ目に表示されることが必須です。

いくらサイト内容や訴求が良いサイトでも、やはり訪問者がいなければ商品は売れません。
1個2個売れるだけでよいとか、単価が高い商品を扱うのなら別ですが、やはり一般的な報酬額の商品を扱って月10万円以上を達成するには、それなりのアクセス数が必要です。

そのため、ミドルワードを狙う場合は、まず検索サイトの1ページ目表示を目指して、サイト内容を改善したり、サイトボリュームを増やしたり、リンクを張ったりとSEOを頑張りましょう。

スモールワードやニッチワードは3位以内

スモールワードやニッチなキーワードを狙う場合は、検索サイトの3位以内は絶対です。

検索サイトからのサイト訪問率(クリック率)は、表示順位が4位で10%を切ります。ちょっと驚くべき数字なのですが、4位ですらその程度の訪問率です。

もともと検索される回数自体が少ないスモールワードやニッチワードですから「検索した人が全てサイトを訪問する」くらいの順位でなければ可能性はありません。

もともと競合も少ないスモールワードやニッチワードですから、サイトのコンテンツがそれなりに充実していれば、リンクを送るようなSEOをかけなくてもそれほど難しいことではありません。

私はこのスモールワードやニッチワードをメインで狙っています。

上位表示した後の見極め方

狙ったキーワードで上位表示した後、そのキーワードがイケる(稼げる)キーワードかどうかはサイト訪問数で見極めます。

もちろん、上位表示した途端売れ始めれば、そのキーワードは稼げるキーワードなのですが、上位表示してもバシバシ売れ出すことはほとんどありません。

まず、ミドルワードで上位表示できてサイト訪問者がそれなりにいるのであれば、そのキーワードは稼げる可能性のあるキーワードです。

さらに上位表示を目指すようにSEOを頑張るか、アクセス解析から得られた情報を使い、サイト内容を改善して、できるだけ成約に繋げられるようなサイト構成を目指しましょう。

スモールワードやニッチワードで3位以内に表示できた場合、アクセスがほとんどないようなら、そのキーワードは元々需要のないキーワードです。

ですので、その場合はそのキーワードは諦めます。

スモールワードやニッチワードでそこそこアクセスが集まる場合は、そのキーワードはお宝キーワードである可能性が高いです。

もともとニッチなワードを狙っているのですから、そのワードで検索するユーザーの悩み、欲求に対するサイトを作成しているはずです。
ドンピシャの相手にドンピシャの解決策を提示しているのですから、売れる可能性はかなり高いはずなのです。

スモールワードやニッチワードで3位以内で表示され、アクセスもそこそこあるのに売れない、という場合は、ほぼサイトの内容が原因です。

キーワード選定は間違っていないので、アクセス解析でユーザー行動を分析して、成約に繋がるようなサイト作りを目指しましょう。


関連記事

Googleのサイトの評価基準を考える

先日書いた記事で、Googleなどの検索サイトの評価の重要性について触れました。 2014年7月時点では、検索エンジンはGoogleの独占状態ですので、いかにGoogleに評価してもらい検索結果

記事を読む

稼げる潜在キーワードの見つけ方

キーワードとは、Googleやyahooなどの検索サイトで検索されるときのキーワードのことです。 アフィリエイトでは、どのようなキーワードに対してアプローチするかが重要になります。 サイト

記事を読む

ジャンル・プログラムを検証してみた

アフィリエイトを始めて、早1年半。 最近はメインサイトに記事を入れつつも、SEOを試したり、キーワード選定を試したりと、時間とお金が許す限りいろいろな施策を試しています。 その中で、ちょっ

記事を読む

アフィリエイトで稼ぐために必要なこととは?

アフィリエイトを始めてもなかなか成果が出ない人は多いと思います。 Google Adsenseのアドセンス広告を貼っているサイトであれば、全くの無収入ということはありません。 ですが、アフ

記事を読む

ペラサイト量産は稼げるのか?

アフィリエイトで作成するサイトの規模は、大体以下の4種類に分類されます。 ・ペラサイト(1ページのみのサイト) ・10ページ程度の小規模サイト ・10~100ページ程度の中規模サイト ・1

記事を読む

中古ドメインで上位表示を狙うことは悪なのか?

アフィリエイトにおいて、サイトを上位表示させるSEO対策は重要です。 サイトが検索結果の若いページに表示されれば、それだけサイトを見てもらう機会が多くなります。裏を返せば上位表示できなければどん

記事を読む

アフィリエイト初心者が情報商材を売ることはできるのか?

サイトアフィリエイトには、化粧品やダイエット食品などの物を売る「物販アフィリエイト」と、ノウハウやツールなどを売る「情報商材アフィリエイト」があります。 アフィリエイト初心者には、売りやすく成果

記事を読む

アフィリエイトを諦めそうになるときの対策

アフィリエイトで全然稼げなかったり、思ったよりも収入が入らない時期が続くと諦めそうになるときがあります。 アフィリエイト初心者の場合、アフィリエイトをはじめてからちょうど3ヵ月~6ヵ月くらいでし

記事を読む

アフィリエイトサイト作成で注力すべき点は?

当サイトは、私の備忘録的ブログですので、思いついたことをあまり時間をかけずにサクサク~っと書いています。 あまり内容にこだわらずに、自分が試して実際に上手くいったことや失敗したことを、ありのまま

記事を読む

検索結果で上位表示しなくても稼げる一例

ネットやツイッター上でアフィリエイトの情報を集めたり、アフィリエイトの情報商材を読んでいると、キーワード選定の重要性が目につきます。 資金力がなく経験もないアフィリエイト初心者にとって、いかにユ

記事を読む

PAGE TOP ↑