CVR(コンバージョンレート)を高める取り組み

11月が終わろうとしています。

気がついたら、本当にあっという間に2014年が終わりますね。

10月は過去最高の確定額を達成し、月50万円の壁を突破しましたが、11月は発生金額、確定金額ともに前月比マイナス30%です(T_T)
まあ、そんなに甘くはないですね。

11月は、新規記事作成のペースを落とし、既存ページの修正に力を入れました。
ツイラー谷の方が「CVR向上月間にする」みたいなことを言っていたので、触発された形です。

修正対象のページと結果

11月上旬頃に対象を3ページに絞り、修正を開始しました。
この3ページは「集客キーワードで上位表示(1ページ目~3ページ目くらい)され、何件か成約実績のあるページ」です。

3ページのうち、ページAは超ニッチなキーワード。ページBとページCは割とアクセスのあるミドルワードが集客キーワードです。

案件も違いますし、一概には計れない部分もありますが、修正前と修正後のCVR(コンバージョンレート)の差を比較してみます。
     
ページA
10月:クリック24回 成約4件 CVR:16%
11月:クリック30回 成約6件 CVR:20%

ページB
10月:クリック289回 成約6件  CVR:2%
11月:クリック249回 成約10件 CVR:4%

ページC
10月:クリック554回 成約7件  CVR:1.2%
11月:クリック583回 成約14件 CVR:2.4%

ページAはちょっと特殊なページで、ニッチなワードですがかなり成約力のあるワードで、もともとのCVRがハンパないです。16%から20%と上がっていますが、母数が少ないため参考にはなりにくいですね。

注目はページBとページC。
両方とも、CVRが倍になっています。

これは自分でも驚く結果となりました。
せいぜいよくなっても1.5倍くらいかな、と予想していたので想定外の改善です。

もちろん11月がたまたま良かった可能性もありますが、それでもCVRが倍になることはページ修正の効果が出たものだと思っています。

具体的な修正ポイント

私が修正するために実践した内容は以下の3点です。

1.集客キーワードでリサーチ、ライバルサイトの訴求内容を分析
2.案件(プログラム)の広告主LPを分析
3.上記分析をもとにページの修正

まず集客キーワードでリサーチをかけ、ライバルサイトがどのような訴求内容でページを作成しているか分析しました。
関連キーワードでもリサーチを行い、1つのページに対して30サイトくらいはライバルサイトを分析しました。

自分がユーザーになった視点で見たり、客観的に眺めたりしていると、どのようなポイントを売りにしているのかが何となく見えてきます。
※例えば、他の商品にはない効果を売りにしているのか?総合力を売りにしているのか?など。

そこから、コレは自分のサイトにも反映できそうだな、効果がありそうだな、と思った訴求ポイントを参考にして、自分のサイトに盛り込んでいきます。(決してリライトしてはいけませんよ)

そして次に、扱う案件(プログラム)の広告主LPをもう一度よく分析します。

人気のある案件、売れている案件というのは、広告主のLPもよくまとまっていることが多いです。だからこそ売れる案件なのだと思います。

どのような構成か?
「悩みを提示→改善策があまりない→商品説明→悩みを改善できる」なのか?
「商品説明→悩み提示→改善ポイント→商品説明」なのか?

サイトのデザインや配色も重要です。
自分のサイトとあまりにもかけ離れたデザインや配色では、ユーザーに違和感を与えてしまいます。

ライバルサイトのチェック、広告主のLPのチェックが終了したら、自分のサイトに反映していきます。

1回だけの修正ではなく、1週間に一度アクセス数、クリック数、CV数を分析して、微調整を加えていきました。改めてページを俯瞰して、動線が不自然なら修正する、クリック数が少ないリンクならバナーサイズやテキスト表現を変えてみる、といった具合です。

今回は1ヵ月と短い期間であり、3ページともたまたまCVRが上がっただけかもしれません。
また、修正したことにより、逆にCVRが下がることも多々あります。

ですが、それらは全て自己判断であり自己責任。
このキーワードならまだ成約率を上げることはできるんじゃないか?と思ったら、即行動に移します。仮にCVRが下がったとしても経験値は着実にアップしますし、その経験こそがアフィリエイトに必要であると考えるからです。

アフィリエイト初心者の場合、まだコンバージョンしない状態かもしれませんが、アクセス数があるのに全くコンバージョンしない状態なら、ページの修正を試してみるのもいいかもしれませんね。


関連記事

稼げる潜在キーワードの見つけ方

キーワードとは、Googleやyahooなどの検索サイトで検索されるときのキーワードのことです。 アフィリエイトでは、どのようなキーワードに対してアプローチするかが重要になります。 サイト

記事を読む

アクセスがあるのに売れない!その時の対応方法は?

サイトアフィリエイトをやっていると「アクセスがあるのに全く売れない」ということがよくあります。よくありますというか、私の場合はほとんどです。 狙ったキーワードで上位表示して、訪問数も増えているは

記事を読む

信じる道を進むこととその難しさ

昨日、他のサイトのアクセス解析と一緒に、何となく当サイトのアクセスを見てみたら・・・ すっげーアクセスが伸びてる!! しかもリアルタイムでもいるし。 何が起きたんだろう?Google

記事を読む

アフィリエイトで稼ぐために必要な能力

アフィリエイトで稼ぐために必要な能力とか方法について、ネットやツイッター上では様々なことが言われています。 ・先を予測して行動できる能力 ・ユーザーの真の悩みを探し出す能力 ・人を惹きつける

記事を読む

アフィリエイト初心者は報酬額よりも発生件数

成果報酬型のアフィリエイト「ASPアフィリエイト」の場合、アフィリエイトを始めてから成果が発生するまで時間がかかります。 まあ、中には開始1ヵ月くらいで成果をあげてしまう人もいますし、3ヵ月後く

記事を読む

プログラム選びと報酬単価の関係性

アフィリエイトのプログラムには、それぞれ「報酬単価」が設定されています。 商品でもサービスでも、成果発生条件を満たし承認されれば、成果1件につき支払われる金額が報酬単価です。 プログラムに

記事を読む

成約率(CVR)を上げるための具体的な対策

ASPアフィリエイトにとって、SEOにおける検索サイトの上位表示と同じくらいに重要なのが、商品の成約率(CVR:コンバージョンレート)をいかに上げるかということ。 クリック報酬型のアドセンスであ

記事を読む

アフィリエイトで差別化を図るポイントとは?

アフィリエイトで稼ぐようになるためには「差別化」が重要です。 私の経験上の感覚ですが、月10万円くらいまでなら、とにかくひらすらサイトを作ったり記事を書いたりしていれば達成できるレベルだと思って

記事を読む

アフィリエイトサイト作成で注力すべき点は?

当サイトは、私の備忘録的ブログですので、思いついたことをあまり時間をかけずにサクサク~っと書いています。 あまり内容にこだわらずに、自分が試して実際に上手くいったことや失敗したことを、ありのまま

記事を読む

迷わないジャンル(案件)の選び方

アフィリエイトで扱うジャンルやプログラムに迷ったことはありませんか? ・稼げるジャンルはどれか? ・単価が高いジャンルはどれか? ・お宝ジャンルはどれか? 上記のような視点からジャンル

記事を読む

PAGE TOP ↑