中古ドメインで上位表示を狙うことは悪なのか?

公開日: : アフィリエイトの手法, SEO

アフィリエイトにおいて、サイトを上位表示させるSEO対策は重要です。

サイトが検索結果の若いページに表示されれば、それだけサイトを見てもらう機会が多くなります。裏を返せば上位表示できなければどんなにいいサイトを作成しても、無いのと等しいくらいになってしまいます。

私はサイトを上位表示させるためのSEO対策が苦手で、現在ではそれほど力を入れて対策していません。特にブラックハットSEOと呼ばれるSEO対策はことごとく失敗してきたので、今ではメインサイトには適用していません。

とはいっても、アフィリエイトを開始した頃はSEOについてそれなりに情報を集め試していました。今でも試験的にブラックハットSEOを試しています。

今回は、そんなSEO対策の中でも重要な位置を占める、中古ドメインについて考えてみたいと思います。

中古ドメインを使用する意味は?

中古ドメインとは、過去に使用され実際にサイト運営されていたドメインのことで、今現在は使用されておらず、空き状態となっているドメインです。

なぜ中古ドメインがサイトの上位表示に必要かというと、現在の検索サイト市場を独占しているGoogleの検索ロジックにおいて、ドメインの良し悪しが非常に大きな部分を占めているからです。

Google自体が明言しているわけではありませんが、先人のアフィリエイターの努力と研究により、2014年8月現在において、以下のことが上位表示に重要であるということが検証されています。

・ドメインのページランク
・ドメインの運用期間
・ドメインの被リンク数

他にも様々な評価要素があり、アフィリエイターそれぞれで独自の見解を持っていますが、上記の3つは大体共通して言われていることです。

ページランクとはGoogleが独自にサイトを評価する採点基準で、ページランクが高いサイトほど優良サイトと判断されます。

運用期間はそのままで、長く運用され更新頻度も多いサイト(ドメイン)は評価が高くなります。

被リンクは、そのサイトドメインが他のサイト(ドメイン)からどのくらいリンクされているかというもの。
サイトが良質であれば人気が高まり、他のサイトから紹介されリンクが張られる、という考えの元、被リンク数が多いほど優良サイトと評価されているみたいです。

但し被リンクは、意図的に他のサイトからリンクを張る「自演リンク」が蔓延したため、現在ではかなり厳しくチェックされ、不自然なリンクはペナルティを受けて、検索順位が大幅に下げられてしまう場合があります。

上記3つのドメインの評価を上げるためには、ドメインを長く運用する必要があり、新規にドメインを取得して評価を上げるためには、膨大な時間と労力を要してしまいます。

そこで、空いている中古ドメインの中から良質なドメインを探し出し、メインサイトやバックリンクサイトとして使用することで、ドメイン評価を上げるまでの膨大な時間と労力を省略してしまおう、という考えです。

中古ドメインを使用することの個人的な見解

中古ドメインを使用してメインサイトを作成したり、メインサイトにリンクを送るバックリンクサイトを作成することは、個人的にはありだと思います。

インターネットが普及して以来、世の中の情報の流れはどんどん速さを増し、今日の時点で最新の情報でも、来週には違う新しい情報が流通し定着するといったことが普通に起こる世の中になっています。

検索サイトで検索するユーザーは、最新の情報を期待して検索します。対して情報を提供するアフィリエイターは、なるべく最新の良質な情報を提供するように努めます。

ですが、検索順位を決めるロジックが「ドメインの運用期間や被リンク」といった、評価を得るために非常に時間を要する手法を採用しているのだとすれば、それは完全に遅すぎることで時代の流れに合っていません。

最新の流行の洋服やファッションを探しているのに、2年前、3年前の情報が上位表示されても無意味じゃないですか?あー、こんなファッションが流行った時期もあったねと懐かしむくらいです。

最新の情報を広くユーザーに提供する。もちろんそこには自分が稼ぎたいというアフィリエイターの心理も働きますが、報酬というインセンティブがあるからこそ、アフィリエイターは良質なサイトを作成しようとするし、結果的にインターネット上に存在するサイトの質も向上すると思います。

私もできることなら中古ドメインを使用して、自分で良質だと思うサイトを提供していきたいのですが、過去の失敗の経験もあり、今はほとんど使用していない状態です。


関連記事

アフィリエイトサイトは資産であるという考え方

最近、Googleによる低品質ペナルティーや不自然なリンクペナルティーなど、WEBサイトに対するGoogleの評価が厳しくなっています。 稼いでいる有名アフィリエイターの方々も、自身のアフィリエイト

記事を読む

アフィリエイト初心者が攻めやすいジャンルとキーワード

アフィリエイトにおいてジャンルとキーワード選定は重要です。 大きく稼げるかどうかは、このジャンルとキーワード選びで大半が決まってしまいます。 そしてこのジャンルとキーワード、実はこの2つは密接

記事を読む

CVR(コンバージョンレート)を高める取り組み

11月が終わろうとしています。 気がついたら、本当にあっという間に2014年が終わりますね。 10月は過去最高の確定額を達成し、月50万円の壁を突破しましたが、11月は発生金額、確定金額と

記事を読む

中古ドメインサイトから売れた!中古ドメインはやっぱり効果あり!

ここ最近、とても意外なサイトからたて続けに成約が発生しました。 試験的に試している中古ドメイン(オールドドメイン)に作成したバックリンクサイトです。 私の今のメイン手法は、大規模サイトを立

記事を読む

稼げるキーワードの見極め方

サイトアフィリエイトで稼ぐためには、キーワード選定が重要です。 私のアフィリエイトの基礎となっている「アフィリエイトファクトリー」でも、キーワード選定のための市場調査やピックアップの方法など、実

記事を読む

アクセス数と売り上げは必ずしも比例しない

アフィリエイトで収入を伸ばすためには、サイトのアクセス数は重要です。 アクセス数を増やせばそれだけ多くのユーザーに見てもらうことができるため、売り上げの可能性が増えるからです。 ですが、ア

記事を読む

完全ホワイトなサイトの成果の上がり方

私がメインにしている手法は「ホワイトハットSEO+ロングテールキーワードを拾う」方法です。 被リンクなどは一切当てず ・事前調査で候補にあがったキーワードで記事作成  候補に挙げるキーワ

記事を読む

ペラサイト量産は稼げるのか?

アフィリエイトで作成するサイトの規模は、大体以下の4種類に分類されます。 ・ペラサイト(1ページのみのサイト) ・10ページ程度の小規模サイト ・10~100ページ程度の中規模サイト ・1

記事を読む

信じる道を進むこととその難しさ

昨日、他のサイトのアクセス解析と一緒に、何となく当サイトのアクセスを見てみたら・・・ すっげーアクセスが伸びてる!! しかもリアルタイムでもいるし。 何が起きたんだろう?Google

記事を読む

SEOはホワイト?ブラック?コンテンツ?

先日Twitterを眺めていたら、大変面白い議論が展開されていました。 ブロガーを名乗りコンテンツ重視で、コンテンツが評価されて自然リンクをもらうホワイトSEOを主張する方と、稼ぐという目的なら

記事を読む

PAGE TOP ↑